/

この記事は会員限定です

羽田新ルート 住民不安 都心を低空飛行、騒音や落下物対策は?

[有料会員限定]

東京都心を中心とした空の景色が変わろうとしている。羽田空港の国際線増便に向けた新飛行ルートが追加される見通しとなり、航空機が人口密集地の上を低空で飛ぶことになる。国は2020年東京五輪前の実現を目指し、ルート周辺の住民への説明や安全対策に腐心するが、騒音や落下物への懸念は尽きない。

「騒音はどの程度か」「どのくらいの頻度で上空を飛ぶのか」。4月下旬、埼玉県川口市で開かれた新飛行ルートの住民説明会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り822文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン