/

上野のパンダ赤ちゃん誕生 5年ぶり

上野動物園(東京・台東)の雌のジャイアントパンダ「シンシン」(11歳)が12日正午前、赤ちゃんを出産した。都への取材で分かった。生まれたのは1頭で性別は不明という。シンシンの出産は2012年以来で、上野でのパンダ誕生は5例目になる。

赤ちゃんを産んだ東京・上野動物園のジャイアントパンダ、シンシン(5月19日)

シンシンは2月末、雄の「リーリー」(11歳)と交尾。5月16日ごろから、主食の竹を食べる量が減るなど妊娠の兆候がみられた。

19日ごろから4カ所の乳頭が目立つようになり、妊娠した際に分泌される尿中のホルモン代謝物の値が上昇傾向を示した。妊娠の兆候が強まったとして、25日から公開が中止されていた。

パンダは妊娠していなくても、しているような特徴を示す「偽妊娠」のケースもある。「実際に出産するまでは、妊娠していたかどうかは分からない」(都担当者)といい、都は慎重に経過をチェックしていた。

2頭の間には2012年に雄の赤ちゃんが誕生したが、6日後に肺炎で死亡した。13年は偽妊娠だった。

シンシンは11年2月、リーリーと共に中国四川省から来日。都が10年2月、年間95万ドルで中国からレンタルする契約を結んだ。

小池百合子知事は同日、「待望の赤ちゃんパンダの誕生、大変うれしく思っています」などとするコメントを発表した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン