/

この記事は会員限定です

辺野古訴訟、国の勝訴確定へ 沖縄知事、対抗策示唆

[有料会員限定]

沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設をめぐり国と県が争った訴訟で、国の勝訴が確定する見通しとなった。最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)が12日、判決を20日に言い渡すことを決めた。高裁判決を変更するために必要な弁論を開かないことから、翁長雄志知事の対応を違法とした福岡高裁那覇支部の結論を維持するとみられる。

判決は20日付で確定する。辺野古移設に関する訴訟で、司法判断が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン