「眠育」、小中で広がる 就寝時間を記録し生活指導

2017/1/13 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小中学生に睡眠時間を記録させるなどして不規則な生活の問題点を考える「眠育(みんいく)」が広がっている。スマートフォン(スマホ)に夢中になり夜更かしする子供が増える中、睡眠が大切な理由を具体的に教え、自主的に生活を改善させるのが狙いだ。不登校の児童生徒が減る学校もあり、成果が出始めている。

「これから午睡タイムを始めます。カーテンを閉めて電気を消しましょう」。茨城県石岡市立小桜小学校は週2日、午後…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]