/

坂口氏にクラフォード賞 免疫の研究評価

スウェーデンの王立科学アカデミーは12日、基礎研究の推進を目的とした「クラフォード賞」の今年の受賞者に、大阪大の坂口志文特任教授ら3人を選んだと発表した。

他の2人は米研究機関に所属するフレッド・ラムスデル氏とアレクサンダー・ルデンスキー氏。

坂口氏らは、免疫に関わる「制御性T細胞」を発見し、仕組みを解明したとして評価された。人間の体を守るはずの免疫は、過剰に働くと自分の体を攻撃し、リウマチなどの自己免疫疾患を起こすことがある。制御性T細胞はそのような攻撃を抑える働きを持つ。

クラフォード賞は、天文学や地球科学などの分野が対象で、坂口氏ら3人に賞金600万クローナ(約7600万円)が贈られる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン