2019年4月22日(月)

環境相「クールビズ、室温28度には根拠ある」

2017/5/12 11:28
保存
共有
印刷
その他

山本公一環境相は12日の閣議後の記者会見で、地球温暖化防止のため職場で軽装を促す「クールビズ」の設定温度について「(室温)28度には根拠がある」と述べた。11日に首相官邸で開かれた副大臣会議では、導入時に環境省の担当課長だった盛山正仁法務副大臣が「何となく28度という目安でスタートした」と発言したが否定した形だ。

この会議では関芳弘・環境副大臣が盛山法務副大臣の前に「(28度は)実はかなり不快だ。無理があるのではないか。科学的知見を加えるよう検討する」と発言をしたとされる。

山本環境相は12日、「(関環境副大臣は)そうした発言をしていない」と否定。「室温28度」を疑問視するやり取りについては「国民運動として進めているのだから、ああいう会合に出ている方はぜひ意識してほしい」とくぎを刺した。

山本環境相は設定温度について、クールビズを始めた当時のオフィスの室温が平均26度で、ネクタイの有無で体感温度が2度変わるとの研究結果を基にしていると説明。労働安全衛生法などに努力義務として明記してあるとも語った。

山本環境相は「クールビズを進めることで省エネにつなげるのが大目的だ」と強調。同法の事務所衛生基準規則では「空調の設定温度」ではなく「室温」としており、「室温を28度にしてほしい」と訴えた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報