切手12種類の絵柄を刷新 日本郵便、15年2月から

2014/11/12付
保存
共有
印刷
その他

日本郵便は12日、来年2月2日から普通切手12種類の絵柄を新しくすると発表した。今年3月に消費増税による料金改定を踏まえて11種類の新切手を発行しており、今回は古い絵柄が残っていた12種類を全面刷新する。

3月発行の11種類を含め、料金帯によって絵柄の題材を分け、2~50円切手は動物、52~140円は花、205~1千円は日本の風景とした。

10円切手は国の特別天然記念物のトキをあしらい、1千円切手には江戸時代の画家、田能村竹田の「富士図」を採用した。1円切手は日本近代郵便の父と呼ばれる前島密を題材にしたまま、絵柄だけを一部変更した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]