/

萩野、金銀銅すべて獲得 「東京、もっといい花を」

競泳男子200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得した萩野選手=写真 柏原敬樹

競泳男子200メートル個人メドレーで「銀」を獲得した萩野選手。プールから上がって帽子をとると、4位入賞を果たした藤森太将選手(25)とがっちり握手を交わした。これですべての色のメダルを獲得、充実した笑顔を浮かべた。

150メートルまでは先行する海外3選手にやや離される展開。だが最後の50メートルの自由形で猛然とペースを上げ、先行する選手を次々と抜き去った。

最後は小さいころから憧れてきた10歳年上の王者、米マイケル・フェルプス選手に次いでフィニッシュ。世界のトップ選手と肩を並べるオールマイティーな実力を改めて示し、満面の笑みを浮かべた。

試合後は「最高の舞台で泳げる喜びをかみしめた」と、金銀銅すべてのメダルを獲得し、リオ五輪を締めくくった充実感にひたった。半面、「フェルプス選手と勝負にならず、悔しい思いもある。4年間みっちり鍛え直して、東京でもっといい花を咲かせたい」と、原動力にしてきた貪欲に挑む姿勢も忘れなかった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン