/

契約書「府提出用は別途作成」 森友学園、複数作製を隠蔽か

学校法人「森友学園」(大阪市)が小学校建設を巡り、国や大阪府に異なる金額の工事請負契約書を提出していた問題で、契約書1通の原本には当初、府に提出する契約書を別途作成するとの記載があり、学園の籠池泰典前理事長の指示で削除されていたことが12日、施工した藤原工業(大阪府吹田市)への取材で分かった。

複数の契約書の存在を隠す意図があったとみられ、国土交通省が一連の経緯を調べている。

森友学園は開校を計画していた小学校の補助金申請や設置認可申請に当たり、国交省に付随工事を含め23億8400万円、府に7億5600万円、伊丹空港の運営会社に15億5000万円と、金額の異なる3通の契約書をそれぞれ提出。いずれの契約書も2015年12月3日付だった。

藤原工業によると、約15億円の契約書には「(府の)私学審議会に提出する契約書は別途作成する」とのただし書きがあった。しかし、16年1月、籠池氏が「具合が悪い」と削除を依頼。ただし書きの部分を紙で覆った上で、学園、藤原工業、設計事務所がそれぞれ訂正印を押したという。

7億5600万円の金額で私学審に提出された契約書について、府は費用の過少申告で、学園の運営状態を良好に見せかけようとしたとみて調査を進めている。

小学校建設を巡っては、国交省が23億8400万円の契約書に基づき、5600万円余りを支給。大阪地検特捜部が、籠池氏に対する補助金適正化法違反容疑での告発状を受理している。

籠池氏は3月に行われた国会の証人喚問で、3通の契約書を提出した経緯について「刑事訴追を受ける可能性があるため、回答は控える」と証言を拒否していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン