小笠原・西之島で上陸調査 噴火後初、東大地震研など

2016/10/12 11:40
保存
共有
印刷
その他

2013年からの噴火で拡大した小笠原諸島・西之島(東京)で今月、東京大地震研究所などのチームが噴火後初めて上陸調査をする。調査船の航海は16~26日で、このうち2日間上陸して火山活動や生物を調べる。

チームは東大や神戸大、森林総合研究所(茨城県)などの地球物理学や地質学、鳥類学の研究者ら計14人で構成。島内では、火山活動で噴出した岩石を採取し、地震計などの観測装置を設置。溶岩に覆われて生物がほぼ消失した島で新たな生態系ができる様子を調べるため、現在どのような生物がいるのかを調べる。

周辺の海域にも海底地震計などを整備し、島の火山活動やマグマだまりの状態を把握することを目指す。

気象庁は8月、大規模な噴火の恐れは低いとして警戒範囲を縮小し、島の一部に上陸可能となった。チームの武尾実・東大教授は「世界自然遺産である小笠原諸島の生態系を乱さないため、島内へ外来種を持ち込まないよう厳格な基準を守って調査する」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]