無線LANただ乗り「氷山の一角」 犯罪に使用も

2015/6/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広く一般家庭で使われるようになった無線LAN(構内情報通信網)は、以前からセキュリティー面のリスクが指摘されてきた。警視庁が不正接続の男を逮捕したが、捜査幹部は「摘発したのは氷山の一角」と指摘する。自分の回線が犯罪に使われたり、情報を盗み見られたりする危険もある。関係者は安全性が高いタイプへの変更を呼びかけている。

無線でネットに接続する無線LANは「Wi-Fi」(ワイファイ)とも呼ばれ、199…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]