高校入試115人採点ミス 神奈川の公立61校、2人不合格に

2016/3/12 12:52
保存
共有
印刷
その他

神奈川県内で2月16日にあった公立高校入試で、61校計115人に採点ミスがあり、合格とすべきだった2人が不合格になっていたことが分かった。県教育委員会と川崎、横須賀両市教委が12日までに発表した。2人は県立高と川崎市立高の受験者で、本人に入学の意向を確認している。

県教委によると、今月に入って受験者1人が自身の答案の開示を求め、学校側が採点を確認してミスが判明。市立高15校を含めた全154校で調査し、県立高では57校計108人、川崎市立高で3校計3人、横須賀市立高は1校4人で、採点ミスが分かった。

県立高では、合格とした生徒が減点となったため、より多い点だった別の生徒を合格とした。この生徒に採点ミスはなかった。減点となった生徒は入学手続きが完了しており、そのまま入学を認める。

県教委の桐谷次郎教育長は11日記者会見し「受験生や保護者の信頼を損ね、申し訳ない」と述べた。県教委などは答案をさらに詳しく調べるほか、昨年の入試でも採点ミスがなかったか点検する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]