/

山林除染「竹林」と偽装 単価10倍、福島市が告訴も

東京電力福島第1原発事故に伴う除染事業で、福島市の山林除染を行った下請け業者が、工事単価が10倍高い「竹林」で作業したように装っていたことが、12日までに分かった。市は偽装を見抜けず、竹林の単価で費用を支払った。関係者によると、下請け業者は約1千万円を不正に受け取った可能性がある。市は刑事告訴も視野に、偽装した面積や不正に受け取った金額の特定を進めている。

市によると、現場は同市松川町にある私有地の山林約18万5千平方メートルで、共同企業体(JV)が除染を受注。このうちの約2500平方メートルについて、下請け業者のゼルテック東北(二本松市、3月に閉鎖)が作業場所を「竹林」とJVに報告していた。

山林除染の工事単価は1平方メートル当たり約500円。竹林除染は伐採に手間が掛かるため、1平方メートルにつき約4600円が上乗せされる。

ゼルテック東北は、短く切った竹を地面に差し、竹林で作業を行ったように見せかけた写真をJVに提出していた。

昨年11月、市に内部告発があった。市の担当者は「意識的に行われたもので、写真による偽装は悪質だ」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン