熊本地震、補強済みでも被害 学校の耐震どこまで

2016/5/12 1:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

熊本地震では耐震工事を済ませた学校施設などに被害が出て、再避難を余儀なくされるケースが相次いだ。国の基準は、震度6強以上の地震「1回」に耐えるレベル。今回は繰り返し発生した強い揺れに耐えられない施設が目立った。大地震に備えている各地の自治体では、学校施設で従来以上の耐震補強が必要なのか、戸惑いの声が上がっている。

「耐震についての考え方を変える必要があるかもしれない」。東海地震で大きな被害が想定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]