/

この記事は会員限定です

熊本地震、補強済みでも被害 学校の耐震どこまで

[有料会員限定]

熊本地震では耐震工事を済ませた学校施設などに被害が出て、再避難を余儀なくされるケースが相次いだ。国の基準は、震度6強以上の地震「1回」に耐えるレベル。今回は繰り返し発生した強い揺れに耐えられない施設が目立った。大地震に備えている各地の自治体では、学校施設で従来以上の耐震補強が必要なのか、戸惑いの声が上がっている。

「耐震についての考え方を変える必要があるかもしれない」。東海地震で大きな被害が想定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン