/

建機ロボ、遠隔操作で救助 東北大など、災害時利用見込む

東北大学の田所諭教授や大阪大学の吉灘裕特任教授らは11日、災害現場でがれきを撤去したり、自動車のドアを開けたりできる建機ロボットを公開した。一般的な油圧ショベルを改造し、遠隔操作できるようにした。災害救助や建設現場での利用を見込んでおり、2年後の実用化を目指す。

この日の実験では、離れた場所にあるコンテナの中でロボットに取りつけたカメラの映像を見ながら操作し、自動車のドアを開けて中の物体を取り出した。

ロボットの腕の先にかかる力の変化によってレバー操作が重くなったり軽くなったりすることで、作業者が微妙な力加減をコントロールし、細かいものをつかむ作業もしやすい。人が入れないような災害現場で、がれきを取り除いたり、建物や自動車に閉じ込められた人を救助したりするのに役立つとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン