2019年1月20日(日)

電車の屋根燃え乗客避難 小田急沿線火災

2017/9/11 10:35
保存
共有
印刷
その他

10日午後4時ごろ、東京都渋谷区代々木5の小田急線沿いの建物から出火し、近くで緊急停止した普通電車の屋根に燃え移った。乗客約300人は線路に降りて避難し、けが人はいなかった。火は約1時間半後に消し止められた。警視庁などは火が燃え移った状況を調べている。

火が燃え移った小田急線の車両(10日午後、東京都渋谷区)

火が燃え移った小田急線の車両(10日午後、東京都渋谷区)

小田急線は新宿―経堂間で午後9時半すぎまで運転を見合わせ、約7万人に影響が出た。

警視庁代々木署によると、出火したのは代々木八幡―参宮橋間の線路沿いにある3階建てのボクシングジム。火災で建物80平方メートルが焼損したほか、8両編成の普通電車の2両目に燃え移り、電車の屋根約15平方メートルが燃えた。

小田急電鉄によると、屋根が燃えたのは、本厚木発新宿行きの普通電車。駆け付けた警察官が踏切の非常停止ボタンを押したため自動列車停止装置(ATS)が作動し、近くを走行していた電車が火災現場のすぐ脇で緊急停止した。

運転士は安全確認後に電車を動かしたが、消防から火が燃え移っていることを知らされ、約120メートル進んだところで再び停止し、乗客を避難させた。運転士や車掌は屋根が燃えていることに気づいていなかった。

運行を指揮する指令所にも消防から火災発生の連絡が入ったが、乗務員に指示を出す前に非常停止ボタンで緊急停止していた。

乗客が避難を終えたのは最初の緊急停止の約30分後だった。小田急電鉄は「乗客の皆様に不安な思いをさせ、申し訳ない」と謝罪。乗務員への連絡や避難誘導に問題がなかったか対応を調べる。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報