/

シャープ、上告せず 「IGZO」商標無効判決で

シャープは11日、スマートフォンなどに使う液晶ディスプレーの商標「IGZO」の独占使用を無効と判断した2月の知財高裁判決について、上告しないことを明らかにした。同社は「上告しても主張が認められることは難しいと判断した。業績に与える影響はない」としている。

シャープは他に片仮名表記の「イグゾー」やロゴタイプの商標を登録している。

液晶ディスプレーの原材料名を示す略称「IGZO」の使用を独占できるかどうかが争われた訴訟で、知財高裁は2月25日、独占を認めない判決を言い渡した。

シャープは、独占使用を無効とした特許庁の審決取り消しを求めたが、判決は「IGZOの略称は原材料名として広く認識されている」として請求を棄却した。

IGZOはインジウム、ガリウムなどの略称で、科学技術振興機構がIGZOを使った技術の特許を管理している。シャープは2012年1月に機構とライセンス契約を結び、世界で初めて量産化に成功した。

シャープは11年11月にIGZOを商標登録したが、機構が13年7月、「商品の原材料名は商標登録できない。研究者らが略称を自由に使えないのはおかしい」として特許庁に無効を請求し、昨年3月に認められた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン