AV出演契約巡るトラブル続発 国が被害実態を調査

2016/6/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

嘘の勧誘や強引な契約でアダルトビデオ(AV)に出演させられる女性は後を絶たず、国も実態調査に乗り出している。

NPO法人「人身取引被害者サポートセンター ライトハウス」(東京)によると、AV出演を巡る相談件数は2013年に1件だったが、14年は36件、15年は56件に急増。16年も4月末時点で27件に上る。大半が「AVと聞かされずに撮影された」「出演契約を勝手に次々と結ばれ、やめられない」という…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]