/

東京のエステ店に労基署が是正勧告 違法な長時間労働指摘

労働組合「エステ・ユニオン」は11日、東京都内のエステ店「ジェイエステティック」計2店舗で労働基準法に違反する長時間労働があったとして、東京の中央、品川両労働基準監督署が是正勧告したと明らかにした。

店舗を運営するザ・フォウルビ(宇都宮市)は取材に対し「勧告があったことは事実。指摘を受けた内容は既に改善した」とコメントした。未払い賃金についてユニオンと交渉中という。

ユニオンによると、中央労基署の勧告は昨年8月で、中央区の店舗で従業員を残業させる際に必要な労使協定を結ばないまま残業をさせていたほか、未払い残業代もあったことを指摘。品川労基署も昨年11月、品川区の店舗に対し残業代未払いや労基法に基づく休憩が取れていないことを挙げ、改めるよう指導した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン