/

宇都宮の障害者施設を捜索 傷害容疑、入所者が重傷

(更新)

宇都宮市西刑部町の障害者支援施設「ビ・ブライト」で4月、職員が入所者の20代の男性を暴行してけがを負わせた疑いが強まり、栃木県警は11日、同施設と運営元の社会福祉法人「瑞宝会」を傷害容疑で家宅捜索した。男性は腰の骨を折る重傷。

捜査関係者らによると、男性は昨年8月に入所。今年4月中旬、午後から体調不良となり、救急搬送された。腰の骨が折れていたほか、腹腔(ふくくう)内に1リットルを超える血液がたまっており、一時的に意識不明となった。男性は回復したが、現在も療養中。暴力を振るっていた職員がいたとの証言もあったという。

瑞宝会によると、施設は2003年に開所。知的障害者の作業訓練や生活介護を行っており、現在は約30人が入所している。職員は日勤8人、夜勤2人の態勢で対応している。

同会の土屋和夫理事長は10日、取材に「このようなことが起きて誠に申し訳ないが、内部の調査では職員による暴力は確認できていない。真摯に対応する」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン