/

ドローン活用の水難救助実験 東京消防庁

東京消防庁は12日、小型無人機(ドローン)を使って水難事故の救助活動をする実験を公開した。今後は土砂災害の現場などを想定した実験も重ね、救急隊員が近づけない場所でのドローン活用を本格的に検討する。

実験は倒木やがれきに埋もれた状態で河川などで浮かんでいる人を助けるという想定で、同庁消防学校(東京・渋谷)の屋内プールで行われた。

まず救急隊員が操縦するドローンが水面に浮かぶ人の位置を確認。ドローンが発信器付きの浮輪を落とした後で救助隊が水中に入り、救援を待つ人をプールサイドに引き上げた。

同庁はがれきに埋まった人などの体温を検知して位置を把握できるようサーモカメラを搭載した救助活動用ドローンの実用化を目指している。同庁装備課の塩沢武史・装備計画係長は「2020年の東京五輪までに導入したい」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン