/

この記事は会員限定です

「大阪に再び万博を」 府担当者「これから正念場」

[有料会員限定]

政府が11日、2025年の国際博覧会(万博)誘致を閣議了解し、1970年万博の再来を期待する大阪からは「いよいよ誘致競争が本格化する」と意気込む声が上がる。すでに立候補しているフランスは着々と準備を進めており、官民挙げた機運盛り上げが課題だ。

「具体的なプラン作りは大阪府が主体的にかかわる。これからが正念場だ」。府の万博誘致推進室の担当者は気を引き締めた。4月から職員は23人増の39人体制に。旅行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン