「健康な市民に現金、医療費抑制に一役」 片岡聡一・岡山県総社市長

2014/8/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岡山県総社市は医療費抑制に向け、健康な市民に現金を支給するというユニークな取り組みを進めている。片岡聡一市長に狙いや背景を聞いた。

――総社市が運営する国民健康保険(国保)の財政状況は。

「市の人口は約6万8千人で、その4人に1人が65歳以上。年金生活者や自営業者らが加入する国保は医療費の増加で2008年度に初めて赤字に転落した。その後も赤字が続き、基金を取り崩して支えているが、今のペースではあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]