三菱電機を違法残業容疑で書類送検 神奈川労働局

2017/1/11 9:53 (2017/1/11 10:50更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省神奈川労働局は11日、労使協定の上限を超える違法な残業を社員にさせたとして、労働基準法違反の容疑で法人としての三菱電機と、同社の幹部を書類送検した。同社の情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)に勤務していた元社員の男性(31)が、過重労働が原因で精神疾患を発症。労災認定を受けたことを踏まえ捜査を進めていた。

書類送検した幹部…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]