2018年11月18日(日)

大震災から3年10カ月 沿岸部で行方不明者を集中捜索

2015/1/11付
保存
共有
印刷
その他

東日本大震災から3年10カ月を迎え、宮城県気仙沼市の海岸では県警気仙沼署員とボランティアが行方不明者を集中捜索した(11日)=共同

東日本大震災から3年10カ月を迎え、宮城県気仙沼市の海岸では県警気仙沼署員とボランティアが行方不明者を集中捜索した(11日)=共同

津波で大きな被害に遭った岩手、宮城、福島3県の沿岸部で11日、各県警が行方不明者の手掛かりを求めて集中捜索した。

宮城県気仙沼市の海岸では、気仙沼署員やボランティアなどの計約80人が参加。海岸線約300メートルの範囲にわたって土砂やがれきを選別し、不明者の持ち物などを捜した。

同署の奥田祐次警備課長は「いまだ行方不明の方が多くいる。一人でも多くの人に家族の元に帰っていただけるよう頑張っていきたい」と気を引き締め、山梨県甲斐市から初めてボランティアとして訪れた会社員、杉坂憲明さん(43)は「がれきは片付いてきたけれど、復興はまだまだだと思う」と話し、砂浜に目を凝らしていた。

警察庁によると、9日現在、3県で計2590人が行方不明となっている。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報