/

新国立競技場の起工式 1年遅れで着工

2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の起工式が11日午前、東京都新宿区の建設予定地で行われた。昨年10月に着工する予定だったが大幅に膨らんだ整備費が問題となり、計画が白紙撤回され、建築家の隈研吾氏がデザインした新計画が採用された。このため着工は1年以上遅れたが、19年11月の完成を目指している。

式典には安倍晋三首相のほか、丸川珠代五輪相、東京都の小池百合子知事、隈氏らが出席。安倍首相は「多くのアスリートがこの競技場で自己の限界に立ち向かい、人や社会を元気にしてくれると信じている。新国立競技場が新時代のスポーツと文化を発信する拠点となっていくことを心より祈念する」と述べた。

今年10月から旧競技場の杭(くい)を引き抜くなどの準備工事が始まっており、整備を担当する日本スポーツ振興センター(JSC)によると、今後は地盤工事などに着手する。工期は約3年で、工事を担当する大成建設の山内隆司会長は「短い工期で国内でも過去に例がない難しいプロジェクトだが、新技術を駆使して工期内に完成させる決意だ」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン