/

法相、性犯罪の法定刑引き上げ検討 省内で作業着手

松島みどり法相は11日の日本経済新聞などのインタビューで「性犯罪の法定刑引き上げを含めた罰則のあり方について、早急な検討を指示した」と述べ、法務省内で性犯罪の刑罰見直し作業を始めたことを明らかにした。死刑については「世論の状況や凶悪犯罪が後を絶たない状況に照らせば、廃止は適当ではない」と述べた。

法相は性犯罪の法定刑の見直し作業について、できるだけ早く進める意向を示した。

夫婦が別々の姓を名乗れる「選択的夫婦別姓」については「自民党の中でも考えが割れており、慎重に考えなければならない」と指摘した。重大犯罪を計画した段階で処罰の対象とする共謀罪を盛り込んだ法案の扱いは「慎重な上にも慎重な検討が必要だ」と述べるにとどめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン