/

「4尺玉」花火、ギネス記録に 世界最重量と認定

埼玉県鴻巣市商工会青年部は11日夜、同市の荒川河川敷で開催した第13回こうのす花火大会で大玉花火「4尺玉」1発を打ち上げた。打ち上げに成功した花火として世界で最も重いと認められ、「世界最大」のギネス記録を達成した。

約1万5千発の花火が夜空を彩り、最後に直径約105センチ、重さ約460キロの大玉が登場。高さ約530メートルまで上がり、直径約750メートルの大輪を咲かせた。

集まった約50万人(主催者発表)から「大きい」と拍手と歓声が上がり、近くに住む小学6年の柴田桃叶さん(11)は「自分の住む街の花火がギネスに認定されてうれしい」と笑顔を見せた。

青年部などによると、「4尺玉」は昨年も打ち上げに成功したが、ギネス記録の申請はしていなかったという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン