監視カメラ3分の1故障 もんじゅ、1年半放置も

2014/10/12付
保存
共有
印刷
その他

大量の機器点検漏れから事実上の運転禁止命令が出ている日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(福井県)で、1995年のナトリウム漏洩事故をきっかけに原子炉補助建物に設置された2次系冷却材の監視カメラ計180基のうち、約3分の1が壊れていることが11日、関係者の話で分かった。

原子力規制庁が9月に実施した保安検査で判明。壊れたまま1年半以上放置されていたものもあり、保安規定違反の疑いが持たれている。

関係者によると、故障していたカメラは「ITV」と呼ばれ、機構がナトリウム漏れ事故をきっかけに2005年に着手したもんじゅの改造工事で2次系冷却材ナトリウム配管の周辺に設置。監視システムの一環として07年に運用を開始した。中央制御室に映像を送り、運転員らが冷却材漏れの異常がないかなどを確認している。

今年9月8~19日の保安検査で、約3分の1のカメラの映像が映らなかったり、左右に動かなかったりと、正常に作動していなかったことが判明。機構は「故障の認識はあったが、既に製造終了したカメラで交換できなかった」と規制庁などに説明しているという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]