/

被災沿岸部で集中捜索 東日本大震災から3年5カ月

東日本大震災から3年5カ月を迎えた11日、津波で大きな被害に遭った宮城県と福島県の沿岸部で、両県警などが行方不明者を集中捜索した。岩手県警も予定していたが、台風11号の影響で延期した。

仙台市宮城野区の蒲生干潟付近では、東北大東北アジア研究センターの学生らが地中レーダーを使って砂浜を調査。そのデータを基に仙台東署員らが不明者の手掛かりを捜した。

研究センターが開発したレーダーは震災以降、住宅の高台移転先の調査などに使っていた。佐藤源之教授(56)は「捜索にどのような協力ができるか確認していきたい。私たちの技術を有効に使ってほしい」と話した。

また、宮城県南三陸町戸倉波伝谷の海岸では、南三陸署員が時折強い風が吹き付ける中、熊手などを使い、津波の影響で堆積した土砂やがれきを手作業でより分けた。

同署の大場博地域課長(56)は「震災から3年5カ月がたち、手掛かりは少なくなってきているが、一つでも多く見つけられるように頑張りたい」と話した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません