/

元最高裁長官の町田顕氏が死去 裁判員制度導入に尽力

裁判員制度の導入に尽力した元最高裁長官の町田顕(まちだ・あきら)氏が5日、病気のため死去した。78歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。

東大法学部卒。東京高裁長官、最高裁判事などを経て、2002年に第15代最高裁長官に就任した。06年退官。在任中、09年の裁判員制度導入に向けて裁判所の改革や一般への広報活動を進めた。

最高裁長官在任中は、在外邦人が衆院選小選挙区などで投票できない公職選挙法の規定を違憲とした訴訟(05年9月)や、周辺住民に訴えを起こす資格を認めた小田急線高架化訴訟(05年12月)など、8件の大法廷判決で裁判長を務めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン