日本版GPS衛星2号機、6月1日打ち上げ JAXAなど

2017/4/10 22:10
共有
保存
印刷
その他

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は10日、日本版の全地球測位システム(GPS)と呼ばれる準天頂衛星「みちびき」の2号機を6月1日に種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げると発表した。 基幹ロケットのH2Aの34号機に搭載し、同午前9時20分ごろの打ち上げを予定している。2018年度の本格運用を目指す。

 準天頂衛星は日本のほぼ真上の軌道を回る。ビルの谷間や山間部でも電波が届きやすくなり、高い精度で測位できる。

 政府は今年度中に計3基の打ち上げを計画しており、来年春には、10年に打ち上げた1号機を含めて4基体制になる。専用の受信機を使えば、誤差が数センチメートル以内の正確な位置情報が得られるようになる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 12:22
2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 2:00
20日 22:00
東海 13:30
13:00
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 14:00
11:30
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
12:30
11:47

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報