川崎中1殺害、19歳少年に懲役9~13年 横浜地裁判決

2016/2/11 1:35
保存
共有
印刷
その他

川崎市の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年の上村遼太さん(当時13)が殺害された事件で、殺人と傷害の罪に問われたリーダー格の少年(19)の裁判員裁判の判決公判が10日、横浜地裁であった。近藤宏子裁判長は「事件は凄惨で手口の残虐性は際立つ」として、懲役9年以上13年以下(求刑同10年以上15年以下)の不定期刑を言い渡した。

公判は刑の重さが争点だった。検察側は少年法の規定上最長の不定期刑を求め、弁護側は「殺意は突発的で強くなかった。矯正も可能」として懲役5年以上10年以下が相当と主張した。

判決は「3人がかりで1時間余りもカッターナイフで切りつけて全身43カ所の傷を負わせ、真冬の川を泳がせるなど、殺意が弱かったとは言えない」と判断。「計画的とは言えないが、犯行を主導した重い責任がある」と認定した。

動機は、上村さんが殺害事件前に起きた傷害事件を知人に伝えたため、知人らが少年宅に押し掛けたと邪推して怒りを募らせたと指摘。「逆恨みであるうえ、逮捕を恐れて殺害を突発的に考えたのは極めて自己中心的だ」と批判した。

殺害に至った経緯については「成育環境による未熟さの影響もある」としながらも、保護観察中に事件を起こしたことから「更生の困難さもうかがわせる」と指摘した。

判決によると、少年は昨年1月17日、横浜市で上村さんの顔を殴り全治約2週間のけがを負わせ、同2月20日、川崎市川崎区の多摩川河川敷でカッターナイフで首を多数回切って殺害した。事件ではほかに2人の18歳の少年が傷害致死罪で起訴されている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]