製薬大手、大学に拠点 「宝の山」日本 海外が熱視線
国境を越えて(1)

2015/1/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ファイザー、独バイエル、英グラクソ・スミスクライン――。世界に名だたる製薬企業が日本を注視している。視線の先にあるのは大学や研究機関だ。

■共同研究を提案

バイエルの日本法人、バイエル薬品は昨年、大阪市の本社にスタッフ6人の新部署を立ち上げた。大学に共同研究を持ちかけるのが仕事だ。すでに京都大とは医薬品研究に関する2年間の協定を結んだ。キャンパスにオフィスを設け、定期的に研究内容や進捗状況の説明…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]