/

文科省、人事異動案メール誤送信 省内一斉で

文部科学省は10日、中堅幹部や若手職員ら約30人分の人事異動案を、人事課の担当者が誤って全職員にメールで一斉送信していたことを明らかにした。別の候補者名や見送った案、過去の異動資料も含まれていた。

同省では年明けからメールシステムが切り替わり、操作に習熟していなかったことが原因とみられる。松野博一文科相は閣議後の記者会見で「チェックが足りなかった。再発防止に努めたい」と話した。

誤送信したのは今月4日夕。大臣官房や初等中等教育局、文化庁などの企画官以下の職員が対象で、今月中旬に発令する予定だった。担当者が部下に異動案を送ろうとして操作を誤った。直後に気付き、削除を依頼するメールを全職員宛てに送った。

人事課は、秘匿性の高い重要情報は担当部局内でもメールを使わず、紙の資料でやりとりすることを決めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン