/

イカ釣り船転覆、船長ら2人死亡 青森沖で発見 2人不明

(更新)

第2管区海上保安本部(塩釜)によると、10日午前8時半ごろ、青森県八戸市の八戸みなと漁協から、所属する小型イカ釣り漁船「第78正栄丸」(19トン、4人乗り組み)と連絡が取れなくなったと通報があった。海保の航空機が午後1時50分ごろ、同県・大間崎の北東約7.4キロの津軽海峡で転覆している船を発見。巡視船が不明の漁船と確認し、船内で2人の遺体を見つけた。

海保は遺体を榊俊宏船長(53)=八戸市=と甲板員の河村憲之さん(45)=同=と確認。海保や漁協によると、共に石川県輪島市在住の24歳と21歳のインドネシア人甲板員の行方が分かっておらず、海保は海に投げ出された可能性を含め11日も捜索を続ける。2人はいずれも石川県漁協が受け入れた実習生という。

昨年12月8日から山形県の酒田港を拠点に操業し、約2カ月間の漁を終えて今月9日午前、仲間の漁船2隻と酒田港を出発。10日昼ごろ八戸港に戻る予定だった。

9日午後4時ごろ、秋田県沖を航行中に漁協と連絡を取ったのを最後に消息を絶った。秋田地方気象台によると、秋田県沖には9日午後5時40分、海上強風警報が出ていた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン