/

大修館書店社長「ルール違反、反省」協会会長辞任へ

教科書を発行する大修館書店(東京)が自社の英語教科書を採用した高校に英語の問題集を無償提供していた問題で、同社の鈴木一行社長が10日、東京・霞が関の文部科学省で記者会見し、「ルール違反で深く反省している」と謝罪した。2月に就任した教科書協会(同)の会長職を今月中に辞任する意向も示した。

鈴木社長の説明によると、東京や埼玉など5都県の公私立14校に問題集(1冊290円)計約1500冊を無償提供していたのは営業担当の社員3人。今年3~4月、都内の支店や営業所に残っていた在庫を持ち出し、高校の教員に直接届けたり、郵送したりしていた。

14校以外にも提供を持ちかけて断られた高校があったといい、同社は今後、他にも不適切な事案がなかったか調べる。

鈴木社長は、昨年、他の教科書会社が検定中の教科書を小中学校の教員らに見せて謝礼を渡した問題が発覚した後、社内の会議で教員への金品提供を控えるよう指示したと強調。「(社員は小中学校での問題を)直接関係ないと思い込んだのかもしれない。少し緩い部分があった。私の力不足だ」と釈明した。

教科書協会の会長職については「自社でこうしたことが起こった以上、不適格」として、今月中に臨時理事会を開いて後任を決めたいと述べた。

文科省は同社に今後2週間程度で詳細な報告を求め、高校教科書を発行する他の38社にも同様の問題がないか調査する。9月末までに結果を公表する方針。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン