/

この記事は会員限定です

東京五輪に「バス不足」の懸念 繁忙期に2000台必要

[有料会員限定]

2020年東京五輪・パラリンピックで、選手らの主要な交通手段となるバスが不足する事態が懸念されている。大会組織委員会は2千台が必要と見積もるが、開催期間が繁忙期と重なることもあり、都内だけで確保は難しそう。運転手の不足も深刻だ。組織委は他県のバス会社にも協力を打診し始めた。

「現在の保有台数では、東京のバス会社だけで五輪に対応するのは難しい」。都内のバス会社約100社でつくる東京バス協会(東京・渋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン