/

この記事は会員限定です

診療ガイドライン、どう使う? 長所・短所知り改善策探る

[有料会員限定]

診療ガイドラインは治療法などを選ぶ際の貴重な情報源となる。だが患者には価値観も含め個々の事情があり、無条件に当てはめるのは禁物だ。

Q ガイドラインには何が書かれているのか。

A 特定の病気に関し、予防や診断、治療などの最新の研究成果などを踏まえて、現時点で推奨できる情報を紹介している。どの医療施設でも一定水準の診療が期待できる。透明性も高まるので、患者の医療への参加を促す利点もある。

Q 作られ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン