/

この記事は会員限定です

悲鳴・余震、眠れぬ一夜あかす 九寨溝地震で日本人親子

[有料会員限定]

【成都=多部田俊輔】中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州で8日夜に発生した地震。震源地に近い世界遺産の景勝地、九寨溝を訪れ被災した浦野安那さん(46)と長女の安里さん(20)親子が取材に応じた。真っ暗な中で止まらない余震。「誰か助けて」。悲鳴におびえながら、安全な場所を求めてさまよった体験を明らかにした。

「部屋がいきなり大きく揺れ、転がるように2つのベッドの間に逃げ込んだ」。8日午後9時(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン