悲鳴・余震、眠れぬ一夜あかす 九寨溝地震で日本人親子

2017/8/10 19:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【成都=多部田俊輔】中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州で8日夜に発生した地震。震源地に近い世界遺産の景勝地、九寨溝を訪れ被災した浦野安那さん(46)と長女の安里さん(20)親子が取材に応じた。真っ暗な中で止まらない余震。「誰か助けて」。悲鳴におびえながら、安全な場所を求めてさまよった体験を明らかにした。

「部屋がいきなり大きく揺れ、転がるように2つのベッドの間に逃げ込んだ」。8日午後9時(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]