/

チキンナゲットにゴム手袋片 マクドナルド、岡山の店舗

岡山県津山市の日本マクドナルドの店舗で、昨年10月に女性客が食べたチキンマックナゲットに、約3~5ミリの青いゴム片が混入していたことが10日、同社への取材で分かった。タイの製造工場の従業員が肉の裁断などに着用する手袋の一部と判明し、同社は今月8日に女性に謝罪した。健康被害はないという。

ゴム手袋は使い捨てのもので、製造中は30分おきに破損していないかチェックすることにしているという。同社の広報担当者は「破損を見逃した可能性が高い。他の被害は確認していないので拡散性はないと判断した。今後は製造ラインのチェック体制をより強化する」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン