/

400キロのヒグマ現る 北海道・紋別、猟友会が射殺

北海道紋別市のトウモロコシ畑で9月下旬、体重約400キロにもなる雄のヒグマが射殺された。猟友会の男性(71)は「40年以上ハンターをしているが、こんなクマは見たことがない」と驚いている。

紋別市によると、8月ごろから、市内の畑や民家近くでヒグマの足跡が複数見つかり、市や警察などがパトロールを強化。コーンの食害に悩んだ農家が猟友会に依頼。9月26日にハンターが仕留めた。

旭山動物園(旭川市)もうじゅう館担当職員の大西敏文さんは「駆除された中では過去最大級だろう。畑はクマにとって楽園。冬ごもり前は食欲旺盛で、太ってしまったのでしょう」と話した。

北海道は5日、ヒグマの好物のミズナラやブナの実が今秋は不作で、餌を求め市街地や農地に出没する可能性が例年よりも高いと発表。事故を防ぐために生ごみの放置を避けるよう呼び掛けている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン