/

青木さん「真っ白な無罪判決いただけた」 女児死亡火災

大阪市東住吉区の女児死亡火災で、逮捕から約21年を経て再審無罪が確定した青木恵子さんと朴龍晧さん。10日の再審無罪判決後、それぞれ記者会見し、涙ながらに無罪の喜びを口にした。

「心が晴れ晴れとし救われる思いがした」。朴さんは大阪市内での記者会見で目を赤らめた。一方、「ずさんな捜査だった。この冤罪(えんざい)にけじめをつけられるのか疑問だ」と、捜査の過ちを認めない警察を批判した。

青木さんも同日午前の記者会見で「娘のお墓に行き無罪判決を報告したい」と涙ながらに語り、「警察は同じような冤罪の人をつくらないようにしてほしい」と反省を求めた。

一方、大阪地検の田辺泰弘次席検事は10日夕、「無罪であることが積極的に明らかになる証拠が出た事件ではない」と述べ、2人に謝罪しない考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン