/

大学AO入試、学力評価を義務化 文科省、20年度から

書類や面接などで受験生を選考するAO(アドミッション・オフィス)入試や推薦入試について、文部科学省は、2020年度から、国公私大に学力評価を義務付ける方針を固めた。AO入試などで入学する一部の学生に学力不足が指摘されており、一定の学力の確認を求める狙いがある。

文科省は20年度に大学入試センター試験に代わる新テスト「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」を導入する。近く新テストの実施方針案を示す予定だが、同時にAO・推薦入試での学力評価の義務化についても方針を示す。

学力評価のために新テストの受験、大学独自のテスト、小論文などを課すよう、各大学に通知する大学入学者選抜実施要項で求める。

文科省によると、AO・推薦入試による大学入学者の割合は00年度に33%。15年度には43%まで上昇した。同年度のAO入試で学力試験などを行わなかった大学は14%、推薦入試では8%だった。同省の高大接続に関する有識者会議は16年3月にまとめた最終報告で「学力不問」を見直すよう改革案を示していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン