人の受精卵ゲノム編集、中国で実施 倫理的批判も

2017/3/10 12:25
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】生物の遺伝子を自由に改変できる「ゲノム編集」の技術を人の正常な受精卵に対して使い、病気の原因となる遺伝子の修復に成功したと、中国・北京放射医学研究所などのチームが9日までに国際科学誌に発表した。

人の受精卵のゲノムを編集することは、影響が子孫へと受け継がれるため倫理的に否定的な意見が強い。2015年に中国の別のチームが、染色体数に異常があり子にならない受精卵で実施したが、正常…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]