2018年12月17日(月)

復興住宅完成、被災3県で6割どまり 東日本大震災5年半

2016/9/11 1:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災から11日で5年半を迎える。被害が大きかった宮城、岩手、福島の3県では被災者が仮設住宅から移り住む災害公営住宅(復興住宅)の建設工事が遅れ、完成戸数が計画の64%にとどまることが日本経済新聞社の調べで分かった。

各県内自治体の7月末の建設状況をまとめた。3県は合計2万9387戸の建設を計画しているが、完成済みは1万8846戸。県別では宮城と岩手の進捗率が67%、福島が55%となってい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報