/

この記事は会員限定です

公取委、携帯3社調査 スマホ販売店を不当拘束か

[有料会員限定]

公正取引委員会がNTTドコモKDDIソフトバンクの携帯大手3社に対し、スマートフォン(スマホ)の販売代理店の事業活動を不当に拘束した疑いがあるとして、独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いで調査を始めたことが10日、関係者への取材で分かった。公取委は3社に関係資料の提出を命令し、詳しい経緯を調べている。

スマホ市場は大手3社の寡占状態が続く。公取委は大手3社の取引慣行が競争や新規業者参入を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン