広島中3自殺「学校として責任」 中学側が調査報告書

2016/3/10 13:47
保存
共有
印刷
その他

広島県府中町立府中緑ケ丘中3年の男子生徒(当時15)が誤った万引き記録に基づいて進路指導を受けた後に自殺した問題で、指導用資料のデータ管理ミスや担任教諭による配慮を欠いた進路指導などが重なり、学校側が「学校としての責任がある」と結論付けていたことが10日、学校側の調査報告書で明らかになった。

また実際に万引きした生徒の名前を記載した生徒指導報告書が校内のサーバーに保存されていたことも判明。担任は同じサーバーに保存されていた誤った方の記録を使用していた。

学校側の報告書は今年2月29日付で坂元弘校長ら5人が取りまとめた。

報告書によると、男子生徒が1年生の時にコンビニで万引きをしたという、事実と異なる内容が記載された生徒指導会議用資料が進路指導に使われた。実際に万引きしたのは別の生徒だった。

報告書は誤認した理由として、教諭間の報告が口頭のみだったことと、誤りに気付いた後に元のデータを修正しなかったことの2点を挙げた。

男子生徒の担任教諭が実施した進路指導については「落ち着いた場所で話を聞くなどの配慮に欠けていた」と指摘した。昨年11~12月に計5回行われた指導は教室前の廊下での立ち話で、いずれも5分程度だったことが既に分かっている。

亡くなった生徒は悩みを教職員に相談できず、「どうせ言っても先生は聞いてくれない」という思いを保護者に話していたという。

同校は昨年11月、高校入試のために校長が推薦を出す基準を厳しくし、1、2年時の非行歴も判断要素に加えていた。

生徒の進路を話し合う会議の資料を準備した教諭は、誤った万引き記録が含まれた資料について「正確に記載されているはずだ」と信じていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]