/

小池知事が調査表明 豊洲盛り土未実施問題

東京都の小池百合子知事は10日、記者会見を開き、築地市場(中央区)の移転先の豊洲市場(江東区)で、土壌汚染対策として都が実施したとされる盛り土が一部実施されていなかった問題について、「盛り土がされたというのは正しくない。訂正したい」と述べた。

小池知事は、「間違った情報を与えることは都政の信頼回復と逆行する」と述べ、盛り土が実施されていなかった経緯について調べる。

そのうえで、土壌汚染問題について過去に調査を担当した外部有識者の専門家会議を再び招集し、安全性の観点から再度、調査をしてもらう考えを示した。豊洲市場の移転問題については、別にプロジェクトチーム(PT)が立ち上がっており、専門家会議とPTとで、汚染状況や移転の是非について検討するという。

今後の市場の移転判断への影響については「安全性の確認をしっかりしたい。予断を持たずにいろんなケースを考えたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン