/

娘の挙式出席で組長の勾留執行停止 大阪地裁、異例の決定

偽造印紙を不正輸入したとして、4月に関税法違反などの罪で起訴された暴力団山口組傘下組織の50代の組長が、娘の結婚式に出席する目的で勾留の一時執行停止を申し立て、大阪地裁が認める決定を出していたことが10日、関係者への取材で分かった。

刑事訴訟法は、裁判所が適当と認める時に、勾留の執行停止ができると規定。身柄が拘束されている本人の病気や、家族の危篤など緊急性がある場合が多く、慶事による執行停止は異例。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン